2018年3月1日 運用レポート

2月の株式市場は、日本も米国も大きく下落し、当社の有価証券運用資産も減少しました。

2月初めに株価が急落し、その際VIX指数が大きく上昇するという事が起こりました。当時日経平均のボラリティインデックスに連動するETFを保有していましたが、保有割合が小さかったために、株価の下落を補うほどの利益とはなりませんでした。

しかし、ボラリティインデックスへ投資をする効果というのを実感できたことは良かったことだと考えています。

ボラリティインデックスへの投資は、基本的に損をするようにできているため、なかなか投資しにくい金融商品です。ですが、市場が暴落するような時には一気に上昇するという事を今回改めて実感することができました。

ボラリティインデックスへの投資は、掛捨ての保険と同じような感覚で考えているといいのかもしません。(プットオプションと同じ)

個別株に関しては、今まで大きく値上がりしていた銘柄ほど、今回の株式市場の急落で大きく値下がりする結果となりました。

大きく値上がりした銘柄をリバランスすることなく保有し続けてしまったために、資産の減少幅が大きくなってしまい、今思うと資産構成のバランスが悪くなってきた時点でリバランスをしておくとよかったのかもしれないと感じているところです。

今後、さらに株価が下落するような局面が続くのか、そろそろ調整相場が終わるのかまだわかりませんが、今後の方針としてはポートフォリオの内容を少し見直していくことを検討しています。

具体的には株式の下落相場に強いと思われる資産(ETF)を選択していこうと考えています。

なおかつ、もし逆に株式相場の調整局面が終わり株価が上昇するような局面が来ても暴落しないような資産であることがベストであると思っています。

イメージとしては、市場クラッシュなどで相場が暴落した時に、その資産を売却し、株式の購入資金として当てられればと考えています。

㈱あせっとびるだーず

資産形成のサポートに特化した独立系FP会社 投資や資産運用の相談及びコンサルティング、投資の家庭教師及び投資スクール、資産運用情報サイトの運営や投資情報サイトへの執筆活動などを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000