23,000円を超えられない日経平均、今は待つとき?

日経平均株価が11月9日に一度23,382円になってから、23,000円を超えられない展開が続いています。

SBI証券より引用

さらに徐々に値幅も小さくなっていく、典型的なトライアングルとなっているようにも見えます。

ここからの相場展開の予想としては、23,000を上に抜けた時に一気に上昇エネルギーが噴き出すような感じで、株価が上昇していく展開が想像できます。

相場の動きの特徴として、もみ合いなどといった、方向性のない展開が続くと、上でも下でも一方向へ動きたいというエネルギーが蓄積されることがあります。

そしてどっちに動くかの答えが出た瞬間、一気にそのエネルギーが爆発するような感じの動きを見せることがあるわけです。

つまり、あくまでチャートからの想像でしかありませんが、もし日経平均が23,000円を上に抜けるたら、買いで入ることが正解となる可能性が高いと思われます。

逆にこのまま、23,000円を上に抜けることがなく、23,000円を境に買いエネルギーを売りエネルギーが上回るようなことになると、今度は一気に弱気方向へ動く可能性も否定できません。

つまり、この先は、どちらかに動いてから、動いた方向へ着くというスタンスでいたほうのがいいように思います。

まさにしっぺ返し作戦ですね。

㈱あせっとびるだーず

『投資とお金について学び、考える。』 投資と資産運用を通じて、学ぶことの楽しさを共有していきたい。

0コメント

  • 1000 / 1000