最近のビットコインの動向について

今年は、ビットコインが大きく上昇し、一部ではバブルではないかといった話も出ています。
その上昇率は、年初から一時約220%という大きなものでした。
最近では、世界的にも大きな先物オプション取引所である、CBOEとCMEでビットコインの先物取引が始まり、ビットコインを本来の目的であった通貨としてではなく資産として捉える動きが出てきています。
ただ、先物の取引開始と同時に、ビットコインの今までのような激しい価格変動が少し収まってきているようにも見えます。また、ここのところ下落基調となっています。
ビットコインの今後については、強弱入り乱れる感じで、ビットコインを多く保有し、ビットコインETFを上場させようとしていてたウィンクルボス兄弟の話では、今後ビットコインは今の20倍にまで価格を上昇させるといった意見もありました。
強気筋の話としては、先物取引の開始により、ビットコインETFの承認が下りやすくなることで、ビットコインETFの上場が近づいたとみているようです。
仮にビットコインETFが上場するようなことになれば、機関投資家の資金がビットコインに流入してくる期待もあり、ビットコインがさらに上昇するというシナリオを描くこともできます。
しかし、ビットコイン自体は収益を生み出す資産ではない事と、ここ1年の価格上昇だけを考えれば、ビットコインは、バブルである可能性も大いに考えています。
ビットコインにたいする投資ついては、慎重に行うべきだと考えています。

㈱あせっとびるだーず

資産形成のサポートに特化した独立系FP会社 投資や資産運用の相談及びコンサルティング、投資の家庭教師及び投資スクール、資産運用情報サイトの運営や投資情報サイトへの執筆活動などを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000