仮想通貨とは?

日本では仮想通貨と呼ばれていますが、他の国ではデジタル通貨なんて呼ばれていたりします。

その仮想通貨の代表的なものがビットコインです。

仮想通貨なんて呼ばれ方をしていると、仮想という部分が、なんか偽物のようなそんな感じにさせてしまいますが、実際は、電子マネーのより優秀なバージョンといった感じです。

通常の電子マネーだと、特定のお店とのやり取りしかできませんが、ビットコインなどの仮想通貨は、お店だけでなく、個人間、海外にいる人など、ウォレットと呼ばれる仮想通貨を管理するソフト(スマホのアプリにもある極めて身近なものです。)を持っていれば、誰とでも送金や受け取りができるのが特徴です。

つまり、友人と飲みに行ったときなどの割り勘にも対応できる。海外など離れたところにいる親族や友人にお金を送ることもどこからでも簡単にできる。海外旅行に行ったときも、お店がビットコインの支払いを受け付けていれば、わざわざ外国通貨に両替する必要もない。

しかも小銭みたいに邪魔にならない。アカウントの管理さえしていれば、ウォレットアプリの入っているスマホを盗まれたとしても勝手には引き出されない。

この汎用性が、まるで銀行じゃないけど銀行口座のような電子マネーだということもあり、金融業界のあり方を変えてしまうのではないかと言われているわけです。(このようなITによる新しい金融サービスをフィンテックとよんでいます。)

また、この仮想通貨という存在が誕生した裏には、ブロックチェーンという技術があるのですが、この技術がまたすごいという事で注目を集めているわけです。

ブロックチェーンについては、また別の機会に。

⇒(ビットコインで資産運用のはてな?)

㈱あせっとびるだーず

資産形成のサポートに特化した独立系FP会社 投資や資産運用の相談及びコンサルティング、投資の家庭教師及び投資スクール、資産運用情報サイトの運営や投資情報サイトへの執筆活動などを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000