人の非合理性を知る。

人間って、理知的で合理的に判断する生き物だと思われがちですが。

私たちの判断は、ほとんど合理的には判断できていません。特にお金のこととなると、ひどいものです。

有名なものでは、プロスペクト理論というものがあります。

質問です!

【問題①】

あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。 

A 100万円が無条件で手に入る。 

B コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

【問題②】

あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。 

A 無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

B コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。


どうでしょうか?どちらを選んだでしょうか? 

実は問題①の場合、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額であるにもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いと言われています。

さらに、問題②も両者の期待値は▲100万円と同額なのですが、安易に考えれば、問題①で「A」を選んだ人ならば、問題②でも堅実的な「A」を選ぶだろうと思うのですが、問題①で「A」を選んだほぼすべての者が、問題②ではギャンブル性の高い「B」を選ぶという実験結果があります。

不思議ですよね。

意外かもしれませんが、人間って、確率やリスクを正しく理解できないように作られているようです。

なぜこうなった?と思うかもしれませんが、これは決して悪いことではなく、狩りをしていた大昔のころ、人間が自分の身を守り、そして生き延びるために身につけた、最短で一番生き残る確率の高い判断を下せるようになるための結果だと言われています。

この人間の判断が非合理的だという事実を知らないと、投資や資産運用で大きな判断ミスをすることが多くなり、また自分が何で間違えたのかその原因がわからないまま、また同じことを繰り返しかねません。

自分の判断が常に正しいと思う行為の愚かさを実感する実例ですね。

こういう人間の非合理的なところを研究している学問を経済心理学と言っています。

㈱あせっとびるだーず

資産形成のサポートに特化した独立系FP会社 投資や資産運用の相談及びコンサルティング、投資の家庭教師及び投資スクール、資産運用情報サイトの運営や投資情報サイトへの執筆活動などを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000