4分の一貯金法で貯蓄体質に

投資をするためにまずすべきことは、貯蓄癖をつけることです。

蓄えられない人は、投資で資産を増やすこともできません。

投資のリズム

『貯蓄する⇒投資する⇒投資から収益を得る⇒投資からの収益の一部をまた投資に回す。』

これを繰り返していくことで、徐々に資産と収入が増えていくことになり、最終的な理想形としては使っても自然とお金が貯まっていくという無限サイクルが作れることです。

実績ある無限サイクル⇒『四分の一貯蓄法』

一代で大きな資産を築いた日本の大富豪、本多静六が実行し、また提唱している方法です。

『収入の内4分の一を貯蓄する ⇒ 蓄えたお金で投資を行う ⇒ 経常的な収入と、投資から得た収入のうち4分の一を貯蓄する ⇒ 貯蓄を投資し、さらなる収入アップを ⇒ ・・・ 』

といった感じです。

この方法で収入と資産がどんどん増えていくという無限サイクルが出来上がるわけです。

この無限サイクルを手に入れられれば、賃金が上がらないとった収入の課題や、万が一の家族の保障、老後の生活、インフレ対策などなどお金に関する多くの問題が解決に向かうと考えています。

早い人であれば、早期の現役引退なんてことも可能かもしれません。

㈱あせっとびるだーず

『投資とお金について学び、考える。』 投資と資産運用を通じて、学ぶことの楽しさを共有していきたい。

0コメント

  • 1000 / 1000