有価証券投資 運用状況

運用方針

割安優良銘柄を中心としたポートフォリオで運用を行っています。また、売買の回数を減らした長期投資が基本戦略となっています。
現金や債券などの比率を機動的に変更して市場ショックに備えるディフェンシブな運用で、平常時は現金や債券などの比率を若干高めていき、市場ショックなどが起こったときに、それらを使って株式を購入するという流れを意識しています。
『守り7:攻め3』ぐらいの意識で考えています。